Minecraft Mod解説 Astral Sorcery [Attunement]

こちらはPCゲーム「Minecraft」のMod「Astaral Sorcery」の解説記事です。

Minecraft.1.12.2

Astral Sorcery1.8.5での解説になります。

製作者(Owner)は「HellFirePvP」。

ダウンロード(CurseForge)は「CurseForge Astaral Sorcery」。








MinecraftのModの1つ「Astral Sorcery」。

魔術や魔法系のModで、主にStarlight(星明りや星の光)の力を使った魔法のアイテムや、クラフト用のブロックを追加するModです。
こちらではAstral Sorceryのゲーム内マニュアル「Astral Tome」の項目「Attunement」の内容について解説しています。

[Linkig Toolを作る]

これから先、必須となるツール「Linking Tool」をクラフトしましょう。

名前の通り装置を他の装置やブロックなどにリンクさせる為のツールです。

ここで使用するRock Crystalのステータスは完成品に影響しないので、どのRock Crystalを使用しても大丈夫です。

[Linkig Toolの使い方]

今回は後述するStarmetal Oreの入手方法も兼ねて、聖地に隠し部屋にあるクリスタルを使用します。

Linking Toolを手に持ち、先にリンク元となるブロックを右クリックします。

「Selected (対象ブロック) Crystal!」と表示がされたら、リンク元の登録が完了です。

次にリンクさせたいブロックを右クリックする事で、リンクが完了します。

Linking Toolを他のアイテムに持ち帰ると「Stopped linking!」とログに表示され、リンク元の登録が解除されます。

リンクが途切れたり、リンクが解除されたわけではなく、Linking Toolに登録したリンク元が白紙になるだけなので、リンク元を選択しなおす時の流れになります。

リンク元を登録している状態であれば、そのままリンクさせたいブロックを右クリックしていく事で、複数のリンク先と接続できます。

リンクは座標を登録するものなので、リンクが完了してしまえば、リンク先のブロックを撤去してもリンクは継続します。

リンクの元となるクリスタルなどを撤去した場合は、そこから繋げたリンクが全て解除されます。

リンク元を登録している状態で、リンク先との接続を解除したい場合は、Shift+右クリックで解除できます。

[鉄鉱石ブロックをStarmetal Oreに]

聖地にあるクリスタルの力を使用して鉄鉱石をStarmetal Oreに変化せる事が出来ます。

クリスタルが必要なので、山岳地帯か砂漠の聖地に行きましょう。

まず鉄鉱石ブロックを設置し、上述した方法でクリスタルと鉄鉱石をリンクさせましょう。

リンクが成功すると、クリスタルから鉄鉱石の座標に向かって光が伸びます。

このままでは、クリスタルがStarlightを浴びていないので、クリスタルの真上の地上の柱や水源を含むブロックを撤去して、空と面する状態にしましょう。

クリスタルが空に面している状態では、Starlightの力を生成できるので、それをリンク先の光を通して鉄鉱石に送ります。

そのまま、しばらく待つと上のSSの様に、鉄鉱石がStarmetal Oreに変化します。

Starlightが必要なので、当然ですが、夜の方が工程が早く進みます。

Starmetal Oreを加工したアイテムはこの先、頻繁に要求されるので、多めに作っておくと良いですが、先に進めば拠点でも鉄鉱石を変化させられるようになります。

ここから拠点で精製可能にするまでには、Starmetal Oreは10以内で足りますが、ここで作っても拠点で作っても、数は変わらないので、余分に作っておきましょう。

[Stardustを入手する為にGrindstoneをクラフト]

上のSSを参考に、これから必要になるStarmetal IngotとStardustを作っていきましょう。

Starmetal IngotはかまどでStarmetal Oreを精錬する事で入手できます。

StardustはGrindstoneを使って入手しますが、Starmetal Ingotを使ったレシピよりもStarmetal Oreを使ったレシピの方が85%の確率で完成品が2個になるのでお得です。

[Grindstoneを使用してStardustを入手]

Grindstoneを設置したら、素材を右クリックでセットして、その状態で更に右クリックをする事で、素材を研磨する事が出来ます。

ここでの用途はStardustの作製ですが、[Exploration]の項で紹介した「Rock Crystal」のステータスの「Cutting」を改善する為にも使えます。

そちらに関しては別の記事で解説する予定です。

Stardustはこれ以降も頻繁に使用するので、作り方を覚えておきましょう。

[Celestial Altarを作る]

必要な素材が揃ったので、Starlight Crafting Altarのアップグレードを行いましょう。

レシピは上のSSの通りですが、必要なStarlightの量が更に増えているので、Spectral Relayの数を増やさなければならないかも知れません。

Starlightの少ない土地を選んだ場合は3つ程、必要になるでしょう。

クラフトが完了し「Celestial Altar」へとアップグレードが完了したら、次は祭壇の土台のマルチブロックも造り替える必要があります。

ここで使用するRock Crystalのステータスは完成品に影響しないので、どのRock Crystalを使用しても大丈夫です。

[Celestial Altarの土台]

上のSSでは柱の下のブロックが分かるように、左手前の柱を設置していません。

Celestial Altarは土台となるマルチブロックは、Starlight Crafting Altarの土台より一回り大きく範囲は11×5×11です。

マルチブロック部分を造り替える必要があります。

中央のSooty Marbleブロックはそのまま正方形にした上で、1ブロック分ずつ範囲を広げて7×7の範囲に拡張するだけです。

残りの外側のブロックは、上のSSやAstral Tomeに記載されているマルチブロックの配置を確認しながら、置き換えていきましょう。

次のアップグレードが最後で11×6×11のサイズになりますが、水平方向への範囲拡張は無く、柱の装飾を足すだけになります。

Celestial Altarのクラフトが完了すると、ログにメッセージが流れ、[Constellation]の項目が追加されます。

[Attunement]の項目にある他のアイテムの多くも、便利で面白いですが、[Constellation]で追加されるアイテムも便利な物が多いです。

祭壇のアップグレードが最後まで進めば、Astral Sorceryのすべてのアイテムがクラフトできるようになり、すべてのマルチブロックも開放されるので、そこまで進んでしまえば、Astral Sorceryの設備や施設用の建築のインテリアも考えやすくなると思います。

星の光が降り注ぐエフェクトが奇麗なので、オシャレに装飾してみると建築的にも見栄えがすると思います。











次の記事

☆Minecraft Mod解説 Astral Sorcery [Constellation]

前の記事

☆Minecraft Mod解説 Astral Sorcery [Exploration]2

Astral Sorcery 記事一覧へ