Minecraft Mod解説 Astral Sorcery [Exploration]2

こちらはPCゲーム「Minecraft」のMod「Astaral Sorcery」の解説記事です。

Minecraft.1.12.2

Astral Sorcery1.8.5での解説になります。

製作者(Owner)は「HellFirePvP」。

ダウンロード(CurseForge)は「CurseForge Astaral Sorcery」。








MinecraftのModの1つ「Astral Sorcery」。

魔術や魔法系のModで、主にStarlight(星明りや星の光)の力を使った魔法のアイテムや、クラフト用のブロックを追加するModです。
こちらではAstral Sorceryのゲーム内マニュアル「Astral Tome」の項目「Exploration」の内容について解説しています。

前回のAstral Sorcery [Exploration]1で手に入れた「Rock Crystal」を素材として、「Exploration」を進めていくためのアイテムを作りましょう。

[Lightwellを作る]

前回の[Exploration1]で採掘したRock Crystalを使って先に進むための中間素材となる「Lightwell」をクラフトしましょう。

ここで使用するRock Crystalのステータスは完成品に影響しないので、どのRock Crystalを使用しても大丈夫です。

Astral Sorceryのアイテムは建材用のブロックを除いて、ほぼすべてがLuminous Craftomg Tableでクラフトするので、クラフトの仕方を覚えていきましょう。

[Luminous Crafting Tableの設置]

作業台と同様に設置して右クリックでGUIを開きます。

Resonating Wandを持って右クリックしてもGUIを開けないので注意してください。

撤去回収には鉄以上のツルハシが必要なので、誤って石以下のツルハシで破壊しないように気を付けましょう。

[Luminous Crafting TableとStarlight]

3×3でアイテムを配置するのは通常の作業台と同じですが動作するのにStarlightが必要になります。

クラフトグリッドの下に表示されているバーがStarlightの強さを表しています。

明るい部分が現在のStarlightの強さで、色の暗い部分がクラフトに必要なStarlightの強さになります。

Starlightの強さは場所ごとに違います。

場所による違いはランダムですが、それに加えて高度が高い方がStarlightが強くなるようです。

時間も影響していて、昼間は弱く、夕方から強さを増し始め、月が真上に来る時間辺りがピークになります。

[Starlightの強さが必要量を超えると完成品が表示]

Starlightの強さがクラフトに要求される量を超えると、クラフトグリッドの右側に完成品のアイコンが表示されます。

あまりにもStarlightが弱い時には、クラフトグリッドに正しく素材を並べても、必要なStarlightの量がバーとして表示されない事もありますが、時間の経過などでStarlightが強くなるに従い、Starlightの必要量がGUIのバーに表示されるようになります。

なので、先に素材をセットして置く時に、Stralightの必要量のバーが表示されずに、「素材か配置を間違えたかな?」となることもあります(ありましたw)。

[Luminous Crafting Tableでのクラフト]

素材を正しくセットしてStarlightの必要量を満たした状態でResonating WandでLuminous Crafting Tableを右クリックすると、白い光が降り注ぐようなエフェクトが表示され、クラフトが開始されます。

クラフトにかかる時間は要求されるStarlightの強さに比例して長くなるようです。

完成品はLuminous Crafting Tableの上にドロップされるので、取り忘れないように気を付けましょう。

複数素材を並べれば、同時に複数のクラフトも可能ですが、その分Starlightの強さが必要になるので、例えば10個クラフトしようとした時に、Starlightの強さが4個分しか無ければ、4個だけ完成した残りの素材はクラフトグリッドに残されます。

Starlightはすぐに回復するので、続けてクラフトすればすぐに残りも完成させる事ができるので、問題はないですが大量にクラフトした時には、完成品の数を数える癖をつけておいた方が良いかも知れません。

[LightwellでLiquid Starlightを生成する]

右クリックでAquamarineなどをセットする事で、時間をかけてLiquid Starlightを生成します。

Liquid Starlightは夜間に多く生成され、昼間はほとんど生成されません。

LightwellにセットしたAquamarineなどの素材は時間経過とともに消滅するので、夕方や夜の早い時間にアイテムをセットすると良いでしょう。

当然、生成する為にStarlightを必要とするので、空に面していなければなりません。

素材をセットする為には、Lightwellの真上に1ブロック分の空間が必要です。

生成の都合上、真上にブロックを置くことは少ないと思いますが、素材をセットした状態で真上にブロックを設置すると、即座に素材が消滅するので注意が必要です。

ピストンやレッドストーン回路を利用して、夜だけ空に面するような造りに装飾する際などに覚えておくと良いでしょう。

[Liquid Starlightをバケツに汲む]

Aquamarineを夕方や、夜の早い時間にセットすれば、運悪く途中でAquamarineが消滅しない限りは、朝までにバケツ1杯分の1,000mb以上のLiquid Stralightが生成されるでしょう。

内部容量は2,000mbで、満タンになるとそれ以上は生成できません。

時間経過でランダムに、セットした素材が消滅してしまうので、素材が余っている時はセットして他の作業をしていても大丈夫ですが、素材の数が心許ない時は、時間を空けすぎないように、時々、確認してバケツに汲んだ方がいいかも知れません。

素材が消滅する時間のランダム幅は、長い時は1日近く消滅しない事もあれば、短い時はセットして振り返った直後に消滅する事もあります。

アイテムが消滅する時はガラスブロックを破壊した時と同じSEがなるので、近くに居れば音で確認できるでしょう。

[Starlight Crafting Altarを作る]

[Exploration]の次に進むために「Starlight Crafting Altar」を作りましょう。

素材としてLiquid StarlightとRock Crystalを使用します。

ここで使用するRock Crystalのステータスは完成品に影響しないので、どのRock Crystalを使用しても大丈夫です。

[Starlight不足]

Starlight Crafting Altarをクラフトする際に、他のアイテム以上のStarlightが要求されます。

これ以降のクラフトは更にStarlightの強さが必要になるので、Starlightをどのように確保するかを考える必要があります。

[足りないStarlightを補う方法]

Starlightを確保する方法は2つ・・・

・Fosic ResonatorでStarlightの強い地点を探す

・Spectral Relayを設置してStarlightをLuminous Crafting Tableに送る

どちらでも問題なく最後まで進んでいけるので、状況や好みに合った方を選ぶと良いと思います。

[Starlightの強い地点を探す]

Lightwellで生成したLiquid Starlightを素材に、Fosic Resonatorしましょう。

必須なツールではないですが、Starlightが強い地点を探す為のツールなので、特に拠点の位置が固定されていない時には、拠点を作る場所を選ぶ基準に使うのも良いと思います。

Rock Crystalの入手までにダイヤのツルハシなど、それなりのアイテムが必要なので、ここまでに拠点を作り終えている人も多いかも知れません。

既に拠点が完成している場合は、近場でStarlightの強い地点を探して一時的に使う、またはAstral Sorcery用の拠点を作るのも良いでしょう。

まだ拠点を作っていない場合は、Starlightの強い地点を探してみて、その場所もしくは周辺で気に入った場所に拠点を作ると良いでしょう。

[Spectral RelayでStarlightを集束する]

Spectral RelayはLuminous Crafting Tableの近くに設置する事で、Spectral RelayにかかっているStarlightをレンズで、Luminous Crafting Tableの方へ向けて、Starlightを確保します。

左のGlass LensはSpectral Relayの素材として使用する分と、Spectral Relayにセットする分とで、2枚必要になります。

他にも中盤以降に中間素材としても要求されるので、レシピを覚えておくと良いと思います。

[Spectral Relayの土台を造る]

Spectral Relayは土台として3×3×1のマルチブロックを必要とします。

Astral Tomeの[Spectral Relay]の項にレシピと土台の構成ブロックの配置と必要なブロックの数が書いてあります。

Spectral Relayを複数設置する事で、更にStarlightを集めることができますが、マルチブロックの構造が他のSpectral Relayの土台と重複しても問題なく動作するので、上のSSのように設置することで、わずかですが省スペース化を図れると思います。

Spectral Relayは他のマルチブロックでも要求されるので、Starlightの集束目的で使わなくなった分を他の設備に使用する事が出来ます。

既に拠点が出来上がっていて、そこに増築する形でAstral Sorceryの設備などを作る場合は、こちらをオススメします。

上のSSでは柱の下のブロックが分かるように、左手前の柱を設置していません。

Starlight Crafting Altarは土台としてマルチブロック構造を必要とします。

範囲は9×4×9ですが、先に進んでいくたびにアップグレードを繰り返し、その度にマルチブロック部分もアップグレードする必要があります。

最終的には11×6×11のサイズになる上に、Spectral Relayの様なStarlightを確保するマルチブロックを周りに設置する為のスペースも必要になるので、途中で撤去解体して移動するか、あらかじめ広さに余裕のある場所で造ると良いでしょう、

Starlight Crafting Altarのクラフトが完了すると、ログにメッセージが流れ、[Attunement]の項目が追加されます。

ここから更に便利なアイテムなどがクラフトできるようになるので、生活もMod進行も楽しくなると思います。











次の記事

☆Minecraft Mod解説 Astral Sorcery [Attunement]

前の記事

☆Minecraft Mod解説 Astral Sorcery [Exploration]1

Astral Sorcery 記事一覧へ