Minecraft Mod解説 Astral Sorcery [Discovery]

こちらはPCゲーム「Minecraft」のMod「Astaral Sorcery」の解説記事です。

Minecraft.1.12.2

Astral Sorcery1.8.5での解説になります。

製作者(Owner)は「HellFirePvP」。

ダウンロード(CurseForge)は「CurseForge Astaral Sorcery」。








MinecraftのModの1つ「Astral Sorcery」。

魔術や魔法系のModで、主にStarlight(星明りや星の光)の力を使った魔法のアイテムや、クラフト用のブロックを追加するModです。

こちらではAstral Sorceryのゲーム内マニュアル「Astral Tome」の項目「Discovery」の内容について解説しています。

[はじめに]

上のSSが「Discovery」の項目を進めていくのに最低限、必要なアイテムです。

エンダーパールの入手難度は人によりますが、Astral Sorceryで追加された構造物内のチェストから見つかる事もあるので、Aquamarine同様にチェストの中身に頼ってしまってもいいかも知れません。

Marbleブロックも構造物の壁から入手する事に抵抗が無ければ、隠し部屋への侵入の際についでに揃えてしまうのも良いでしょう。

Aquamrineの入手方法はAstral Sorceryの基本ページでも紹介していますが、水中の砂ブロックの中に生成されている「Aquamarine Shale」というブロックから入手できます。

構造物内のチェストに入っていることが多いので、「Discovery」を進める上では2個、集められれば問題はないですが、使用頻度と数が多いアイテムなので、積極的に集めておくと良いでしょう。

[浮遊しているクリスタルを使う]

素材が集まったら早速、山岳地帯か砂漠の構造物(Astral Tome内では「Shrine(聖地)」と呼ばれている)の地下の隠し部屋に行きましょう。

Astral Tome内の説明で書かれてるように、浮遊しているクリスタルの近くに作業台を設置すると、クリスタルから光が伸び始め、この状態の時のみ特別なレシピが使用可能になります。

作業台の位置は光を遮るものが無ければどこに設置しても問題ないようです。

光が届く距離は不明ですが、部屋内で柱の裏以外であれば問題なく光が届きました。

[作業台で専用アイテムをクラフト]

石炭以外の素材は聖地内のチェストに入っていることがあるので、運が良ければ現地で素材が揃う事もあり、Aquamarineは水辺があれば見つかる事も多いので、エンダーパールと石炭を持参すれば、問題ないと思います。

特に山岳地帯の聖地ではチェストが2つあるので、石炭と作業台以外の素材がチェストの中身で足りる場合が多いです。

素材として使用するMarbleブロックは地下に生成されるので採掘して集めましょう。

上記のResonating WandLuminous Crafting Tableの作成が完了すれば、ここからAstral Sorceryのアイテムやブロックをクラフト出来るようになっていきます。

Luminous Crafting Tableのクラフトが完了すると同時にログが流れ、Astral Tomeに新しい項目「Exploration」が追加されます。

「Exploration」から少しずつAstral Sorceryの魅力が出てくると思うので、楽しみに進めていきましょう。











次の記事

☆Minecraft Mod解説 Astral Sorcery [Exploration]1

前の記事

☆Minecraft Mod解説 「Astral Sorcery」

Astral Sorcery 記事一覧へ