Minecraft Mod解説 Thaumcraft6 コンフィグ

こちらはPCゲーム「Minecraft」のMod「Thaumcraft6.Beta」の解説記事です。

Minecraft.1.12.2

Thaumcraft.6.1.Beta26での解説になります。

製作者(Owner)は「Azanor13」。

ダウンロード(CurseForge)は「CurseForge Thaumcraft」。








MinecraftのModの1つ「Thaumcraft6」。

大型の魔術Modで魔法のアイテムや鉱石、Mobや構造物を追加するModです。

Mod内では「Thaumaturge(魔術師)」という表現が使われ、魔法とは少し違う位置づけになります。

他の魔法系のModと比べて、「歪み」や、「汚染」といった、アイテムの入手やModの進行に多少のリスクを伴う点が特徴です。

リスクといっても、Mod内の要素で相殺できたり軽減できるもので、プレイヤーの経験や知識で、ある程度は回避できるものなので、導入に当たって大きな障害にはならないでしょう。

ここではThaumcraft6の設定を変更するコンフィグファイルの解説と変更方法を記載しています。

コンフィグファイルの記載内容の変更方法は、項目名の手前に書かれている大文字のアルファベットで判断できます。B = true / false、I = 整数、D = 小数点以下も入力可能(0.2など)、S = 文字列。#の後の英文が各コンフィグ項目の説明です。

thaumcraft_graphics.cfg

B:blueBiome # Set this to true to get the old blue magical forest back.
true / false この設定をtrueにすると、Magical Forestバイオームが過去のバージョンの青い森の見た目に変化します。
B:crooked=true # Hate crooked labels, kittens, puppies and all things awesome? If yes, set this to false.
true / false この設定をfalseにすると、保護瓶に張り付けた相ラベルの傾きがなくなり、真っすぐになる。
B:dialBottom=false # Set to true to have the wand dial display in the bottom left instead of the top left.
true / false この設定をtrueにすると、詠唱の籠手を装備している時に表示される焦点具とVisのHUD表示を左上から左下に変更する。
B:disableShaders=false # This setting will disable certain thaumcraft shaders for those who experience FPS drops.
true / false この設定をtrueにすると、Thaumcraft6関連のシェーダーを無効にしてグラフィックに関する負荷を下げてFPSを向上させる。
B:largeTagText=false # Setting this to true will make the amount text in aspect tags twice as large.
Useful for certain resolutions and custom fonts.
true / false この設定をtrueにすると、相の量を表す数字表記にフォントが2倍のサイズになる。画面サイズによっては、インベントリ内などの相の量は見やすくなるが、ソーモノミコン内のレシピの数字が少し見辛くなる。
B:nostress=false # Set to true to disable anxiety triggers like the heartbeat sound.
true / false この設定をtrueにすると、歪みによる悪影響を受けた際に再生される心拍音を無効にする。
B:showGolemEmotes=true # Will golems display emote particles if they recieve orders or encounter problems
true / false この設定がtrueの場合、Thaumcraft6のゴーレムは印章からの指示を受けたりした時に専用のパーティクルを表示する。
B:showTags=false # Item aspects are hidden by default and pressing shift reveals them.
# Changing this setting to ‘true’ will reverse this behaviour and always
# display aspects unless shift is pressed.
true / false 通常、アイテムのアイコンにカーソルを合わせた状態でShiftキーを押すと、そのアイテムの相が表示されるが、この設定をtrueにすると、Shiftキーに依る表示・非表示が逆になる。

thaumcraft_misc.cfg

B:allowCheatSheet=false # Enables a version of the Thauminomicon in creative mode that grants you all the research when you first use it.
true / false この設定をtrueにすると、Thaumcraft6のクリエイティブタブにチート用のソーモノミコンが追加される。これを使用すると、その場で全ての研究が完了する。
B:noSleep=false # Setting this to true will make you get the recipe book for salis mundus without having to sleep first.
true / false この設定をtrueにすると、通常は条件を満たした状態でベッドから目覚めた際に入手できる日記を寝る事なく入手できるようになる。
I:shieldCost=1 # How much vis it costs to reacharge a single unit of shielding. Minimum of 0.
0 ~ 500(整数) シールドの回復に消費されるVisの量
I:shieldRecharge=2000 # How many milliseconds passes between runic shielding recharge ticks.
# Lower values equals faster recharge. Minimum of 500.
500 ~ 500000(整数) ルーンのシールドのチャージにかかる時間。値が小さい程、速くチャージされる。
I:shieldWait=4000 # How many milliseconds passes after a shield has been reduced to zero.
# before it can start recharging again. Minimum of 0.
0 ~ 50000(整数) ルーンのシールドが無くなってからチャージの回復を開始するまでの時間。
B:wussMode=false # Setting this to true disables Warp, Taint spread and similar mechanics.
You wuss.
true / false この設定をtrueにすると、歪みや汚染などの要素が無効になる。

thaumcraft_world.cfg

# Setting this to false will disable spawning champion mobs.
Even when false they will still.
# have a greatly reduced chance of spawning in certain dangerous places.
true / false 英文の説明では、「falseにするとチャンピオンMobが無効になります、falseであっても、特定の危険場所で出現する可能性が大幅に減少します」となっているので、完全に無効にはならない可能性がある。
B:allowChampionMobs=true falseに設定するとすべてのチャンピオンMobが無効になる。
B:allowSpawnAngryZombie=true falseに設定すると怒れるゾンビのチャンピオンが無効になる。
B:allowSpawnElder=true 対象Mobがスポーンしないため不明(恐らくエルドリッチのガーディアン)
B:allowSpawnFireBat=true falseに設定するとファイヤーバットのチャンピオンが無効になる。
B:allowSpawnPech=true falseに設定するとペックのチャンピオンが無効になる。
B:allowSpawnTaintacle=true falseに設定すると触手のチャンピオンが無効になる。
B:allowSpawnWisp=true falseに設定するとウィスプのチャンピオンが無効になる。
I:biomeMagicalForestWeight=5 # Higher values increases number of magical forest biomes. If you are using biome.
# addon mods you probably want to increase this weight quite a bit
0 ~100(整数) 値が大きい程、Magical Forestの生成率が上がる。英文では「アドオンを使用する場合、かなり大きくした方が良い」と書かれている。
I:dimensionOuterId=-42 # Outer lands dimension id
整数 特に必要が無ければ変更しない方が良い。
true / false 以下、ワールド生成時の鉱石・オーラ・バイオーム・木の生成の切り替え
B:generateAmber=true falseに設定すると、琥珀含有石の生成が無効になる。
B:generateAura=true 不明
B:generateCinnabar=true falseに設定すると、辰砂鉱石の生成が無効になる。
B:generateCrystals=true falseに設定すると、Vis結晶の生成が無効になる。
B:generateMagicForest=true falseに設定すると、Magical Forestバイオームの生成が無効になる。
B:generateQuartz=true falseに設定すると、水晶鉱石の生成が無効になる。
B:generateStructure=true falseに設定すると、Thaumcraft6の構造物の生成が無効になる。
B:generateTrees=true falseに設定すると、グレートウッドとシルバーウッドの生成が無効になる。
I:oreDensity=100 # The % of normal ore amounts that will be spawned. For example 50 will spawn half.
# the ores while 200 will spawn double. Default 100
1 ~ 500(整数) ワールド生成時に生成されるThauncraft6の鉱石の生成割合。初期値の100に対して50に設定した場合は生成量は半分になり、200に設定した場合は生成量が2倍となる。
I:overworldDim=0 # The dimension considered to be your ‘overworld’. Certain TC structures will only spawn in this dim.
整数 Thaumcraft6によって通常世界とみなされるディメンションのID。Thaumcraft6の構造物は、ここで設定されたディメンションにのみ生成される。他のModなどで通常世界のディメンションIDが書き換えられている場合や、敢えて他のディメンションにThaucraft6の構造物を生成したい場合に変更する。
S:regenKey=DEFAULT # This key is used to keep track of which chunk have been generated/regenerated.
# Changing it will cause the regeneration code to run again, so only change it if you want it to happen.
# Useful to regen only one world feature at a time.
String(文字列)。 S:regenKey=DEFAULT水色部分に記載されている文字が最後にワールドを起動した時と異なる場合、ワールド内に鉱石・オーラ・構造物・木を再生成する。鉱石の生成は石ブロックを置き換える形で行われる。特に理由が無ければ書き換える文字列は半角英数をオススメする(Aや12など)。
B:regenAmber=false この設定をtrueにすると、S:regenKey=DEFAULTを変更した際にワールド内に琥珀含有石が再生成される。
B:regenAura=false この設定をtrueにすると、S:regenKey=DEFAULTを変更した際にワールド内にオーラが再生成される。(オーラの生成が不明のため機能しているか確認不可)
B:regenCinnabar=false この設定をtrueにすると、S:regenKey=DEFAULTを変更した際にワールド内に辰砂鉱石が再生成される。
B:regenCrystals=false この設定をtrueにすると、S:regenKey=DEFAULTを変更した際にワールド内にVis結晶が再生成される。
B:regenQuartz=false この設定をtrueにすると、S:regenKey=DEFAULTを変更した際にワールド内に水晶鉱石が再生成される。
B:regenStructure=false この設定をtrueにすると、S:regenKey=DEFAULTを変更した際にワールド内にthaumcraft6の構造物が再生成される。
B:regenTrees=false この設定をtrueにすると、S:regenKey=DEFAULTを変更した際にワールド内にグレートウッドとシルバーウッドが再生成される。
I:taintSpreadArea=32 # The range at which taint can spread from a taint seed.
# This value is only a base and will be modified by flux levels.
8 ~ 256(整数) 汚染の種から汚染が広がる距離。この値とフラックスの量で汚染の拡散距離が決まる。
D:taintSpreadRate=100.0 # The % chance of taint fibres spreading on a block tick.
# Setting this to 0 will effectively stop taint fibre spread.
0 ~ 500(double 小数点以下も可) 汚染繊維が広がる確率。0にすると広がらなくなる。

Thaumcraft6 目次に戻る