Minecraft Mod解説 「Astral Sorcery」

こちらはPCゲーム「Minecraft」のMod「Astaral Sorcery」の解説記事です。

Minecraft.1.12.2

Astral Sorcery1.8.5での解説になります。

製作者(Owner)は「HellFirePvP」。

ダウンロード(CurseForge)は「CurseForge Astaral Sorcery」。








MinecraftのModの1つ「Astral Sorcery」。

魔術や魔法系のModで、主にStarlight(星明りや星の光)の力を使った魔法のアイテムや、クラフト用のブロックを追加するModです。

他の魔術系のModと同様に便利なアイテムの入手や設備の効率化にはそれなりの時間が必要になります。

特に序盤は必要なアイテムを集めるための探索が必要なことと、序盤を有利に進めるためには「Astral Sorceryに適した土地」を探さなければならない場合があるので、拠点や家を作る場所を選び難くなります。

設備とアイテムが揃ってしまえば、Astral Sorceryの設備を建てる場所を自由に選べるようになるので、建築をメインで進める人は早めにAstral Sorceryを進めてから建築に入るか、「Astral Sorceryに適した土地」を早めに見つけてしまいましょう。

専用の鉱石や構造物も追加されるため、新規ワールドで遊ぶことをオススメします。

[スタート時の初期アイテム]

新規でワールドを開始すると、「Astral Tome」という本の形をしたアイテムが追加されています。

Astral Sorceryも他の魔術系Modの多くと同じく、マニュアルが魔導書のようなアイテムになります。

進めていく上で非常に重要なアイテムなので、無くさないようにしましょう。

コンフィグで新規ワールド開始時にAstral Tomeを取得しないように設定を変更する事もできます。

[Astral Tomeのクラフト]

万一、事故などで消滅してしまっても、クラフトが可能です。

コンフィグで新規ワールド開始時に自動取得しないように設定している場合は、こちらのレシピでクラフトするところから始まります。

中間素材の「Parchment」は他のアイテムのクラフトでも使用するので、レシピを覚えておくと良いでしょう。

[Aquqmarineの入手]


Astral Tomeのクラフト素材や、Astral Sorceryのアイテムのクラフト素材として頻繁に要求されるAquamarineは水中の砂ブロックの中に生成される「Aquamarine Shale」というブロックを破壊すると入手することが出来ます。

生成確立はそれほど高くはないですが、「水中の砂」が多い場所ではそれなりの数が発見できるので、川辺や浜辺、沼地などを探索すると良いでしょう。

対応ツールはシャベルですが、素手で破壊しても問題なくAquamarineがドロップします。

「幸運」のエンチャントも有効で、「幸運」の付いたツルハシなどで採掘しても良いでしょう。

通常、1~5のAquamarineをドロップしますが、使う頻度や数も多いので、幸運のエンチャントを有効に使うと良いと思います。

バイオーム次第では偏りが出る事があるので、普通に集めるか「幸運」のエンチャントが出るまで、控えめに集めるかは状況によって決めると良いでしょう。

広く探索をすれば、それなりの数を集められるので、「幸運」のエンチャントの有無でModの進行が大きく左右されることはありません。

Mod中盤から自力で生成できるようになるので、そこまで進めば枯渇する心配はなくなります。

[Astral Tome]

Astral Tomeを手に持って右クリックすると、ゲーム内マニュアルを開くことができ、本の中は星空が描かれているようになっています。

その中の特徴的に光っている部分にカーソルを合わせると「Discovery」と、タイトルが表示されます。

この「Discovery」の文字の中央付近を左クリックするか、マウスホイールを送っていくと「Discovery」の項目が開きます。

[Discovery]

「Discovery」の項目は少なめで、このModで追加される要素と、Modを進める為に知っておく必要がある情報が記載されています。

アイコンを左クリックでそれぞれの項目の説明ページを開けます。

[Astral Tome内の操作方法]

ページ内の下側の左右にある矢印でページの切り替えが出来、下側中央の矢印で項目を閉じて戻ります。

本を開いている最中は右クリックをすることで1つ前に戻ることが出来ます。

「Discovery」などの各項目のページで右クリックをすると本を閉じる事が出来ます。

各ページを見ている途中ではEscキーで即座にページを閉じる事が出来る上に、次に開いた時にはそのページをそのまま開くので、レシピの確認や構造物のモデルを見直す時に非常に便利です。

[追加される構造物]

Astral Sorceryを導入したワールドではいくつかの構造物が追加されます。

上のSSのものは追加される構造物の中では一番小さいもので、主に草原や森林系のバイオームで見つけることが出来ます。

白い構造物なので、草原バイオームでの発見が容易なので、Astral Sorceryを進める為に必要なアイテムを集める場合は、この構造物を探すのが一番早いと思います。

森林バイオームでも白い色が目立つので比較的、見つけやすいと思います。

他の構造物と違い、特別な機能はないようなので、構築しているブロックやシーランタンを持ち帰っても問題ないでしょう。

Astral Tome内では「Ancient Shrines」(太古の聖地)などと呼ばれているようです。

[聖地の隠しチェスト]

4つの柱のうち、1本の下にはチェストが隠されており、Astral Sorceryの序盤に使うアイテムや、ここでしか手に入らないアイテムが入っているので、積極的に開けていきましょう。

[隠しチェストの中身]

チェストの中身は上のSSの通りで、これに金のインゴットを含むアイテムが中に入っている可能性のあるアイテムです。低確率でダイヤモンドが入っていることもあります。

特に重要なのが上のSSの羊皮紙の様なアイコンのアイテムです。

追加される構造物に隠されているチェストから入手が主になるので探索を進めて集めていきましょう。

砂漠の寺院(Desert Temple)の地下の隠しチェストからも発見できます。

他には序盤に入手するには少し手間や危険のかかる金のインゴットやエンダーパールも入手できます。

特にこの2つはAstral Sorceryの序盤を進めていく為に使用するので、探索中に入手できれば序盤を有利に進めていく事が出来ます。

[星座が描かれた紙 Constellation Paper]

チェストに入っていた「Constellation Paper」にはそれぞれ、このModで夜空に追加される「星座」が描かれています。

重要な役割を果たすアイテムですが使用するのは中盤からになります。

Astral TomeをShift+右クリックで開くと、「Costellation Paper」を入れておく専用のインベントリが開くのでそこに入れておきましょう。

インベントリ内は27のスロットがありますが、必要になる「Costellation Paper」の数は12枚です。

条件を満たさないとAstral Tome内に収納する事が出来ないので、集めた分がインベントリに移動できなくてもバグではありません。

収納できる条件を満たすまでは無くさないようにチェストなどにしまっておきましょう。

[山岳地帯に生成される構造物]

こちらの構造物は山系のバイオームや、氷原(Ice Plains)などに追加されます。

追加される構造物の中では一番、大きいので見つけやすいですが、山岳系のバイオームの起伏の激しさにより、回り込まないと発見できないような場所に生成されている場合もあります。
山岳地帯の聖地と砂漠の聖地は土台となっているブロックの下に隠された部屋があり、Astral Sorceryを開始する為に必須のクリスタルがあるので、どちらかの構造物を見つけるのが最初の目標になるでしょう。

隠された部屋の内部にはクリスタルの他にチェストが2つあり、他の聖地のチェストと同様の中身に加え、低確率でエメラルドが入っていることがあります。

[砂漠に生成される構造物]

.Structure3-1024×576.jpg” alt=”” width=”1024″ height=”576″ />

砂漠に生成される構造物は砂に埋もれた状態になっているので、少し見つけにくいでしょう。

砂の盛り上がりや、Marbleブロックが露出している部分が目印になります。

山岳地帯に生成される構造物と同様に土台の下に隠し部屋があります。

新規でワールドを開始した時は、周囲の状況に応じてどちらのバイオームで構造物を探すか決めると良いでしょう。

[砂漠の聖地の地下]

上のSSが砂漠の聖地の隠された部屋の内部の様子です。

山岳地帯に生成される構造物の方は上の構造物が大きい分、下の隠し部屋もこれより少し大きくなっています。

また、砂漠の聖地の隠し部屋はチェストが1つなのに対して山岳地帯の聖地の隠し部屋では2つのチェストが見つかります。

部屋の中心に浮遊しているクリスタルが、Astral Sorceryを進めるうえで重要な存在となります。

このクリスタルを使わなければならないのは、最序盤と中盤だけなので、必要な時に移動して来れる距離であればいいので、拠点を作る際に、この構造物の位置を意識する必要は無いでしょう。

とはいえ、これが見つからなければAstral Sorceryを始める事が出来ないので、早い段階で見つける事をオススメします。

[地下に生成される構造物]

地下に生成される構造物は、洞窟の壁に上のSSのような入り口が開いた状態で見つける事が出来ます。

生成されるバイオームは不明ですが上のSSのものは、River(川)のバイオームでした。

恐らく地下であれば生成されると思いますが、生成される高度などは不明です。

中の構造は周囲をMarbleブロックで囲まれていて、Marble Pillarとシーランタンで装飾されています。

中央の石ブロックをツルハシで採掘してみると・・・

石ブロックを採掘した直後に再びブロックが生成されます。

上のSSでは石炭ブロックが生成されましたが、石と地下に生成される鉱石を対象にランダムで生成しているようです。

生成回数に限界がありますが、他Modで追加された鉱石や、Astral Sorceryのメイン鉱石のRock Crystal Oreも低確率ですが生成するのを確認したので、この構造物を見つける事が出来れば、素材集めが楽になるかも知れません。

特にRock Crystal Oreは生成数も少ない上に、Astral Sorceryを遊びつくすうえでは、それなりの数を使用するので、シングル・マルチ問わず、資源の枯渇対策にもなると思います。

以上がAstral Sorceryで追加される4つの構造物です。

他にも構造物があるかも知れませんが、今のところ発見できているのはこの4つだけです。

序盤にこれらの構造物を探索して、Astral Sorceryを遊ぶ準備を進めていきましょう。











次の記事

☆Minecraft Mod解説 Astral Sorcery [Discovery]

Astral Sorcery 記事一覧へ